バナー

ネズミ駆除方法はネズミの進化と共に変わる

ネズミによる被害は、高床式倉庫にネズミ返しが取り付けられている事で分かるように少なくとも弥生時代にはありました。
しかし、厳密的にはもっと以前の縄文時代から穀物などを荒らされる被害はあったでしょう。


現代でも変わらずネズミの被害は見られています。

内容は、食物の食い散らかし・病原菌の拡散・建物や電線の損傷などがあります。



特に電線をかじることでの被害は、漏電による火災などに発展する可能性があり、現に全焼した被害も報告されています。



同じ建物に共存することは無理なため、早急にネズミ駆除を行うことが賢明でしょう。

ネズミ駆除のグッズは、ホームセンターなどで購入することができます。

一番ポピュラーなものとして粘着シートやカゴがあります。

また、ネズミが嫌がる超音波を出してネズミを撃退させる機器もあります。

いずれもネズミが通りそうなルート上に設置する方法になりますが、小動物の中でも賢いため簡単には捕まりません。

ネズミの駆除の確率を上げるには、やはりプロに任せるのが一番です。

ネズミ駆除業者は最先端の小型カメラや赤外線カメラを駆使してネズミの行動パターンを把握し、どこにワナを仕掛ければ一番効率が良いか方法を導き出します。

そこで捕まえることができれば終了ですが、近年では「スーパーラット」と言われる強靭で更に高い知能を持ったネズミが増えてきています。



このスパーラットは業者でも捕まえるのが困難なため、殺鼠剤と併用する駆除方法もあります。